Sakaeです。
船旅エッセイブログの第二弾。真夏の頃には「さあ書くぞ」と意気込んではいたものの、気がつけば9月下旬、慌て稿を起こしている。無理やりに『夏の思い出』というタイトルを捻り出した。

さて、夏のある日、会社の仲間と一緒に船旅を楽しんできました。今度の船旅は旅情を誘うというよりは、夕陽と夜景を眼で楽しみ、食を胃袋で楽しむ、というもの。そうです、レストランクルーズなのです。波穏やかな博多湾で2時間余り湾内を巡り景色を楽しみながら、その間に食事を頂こうというもの。イヤイヤその逆で食べる方が先かな?「花より団子」という言葉もあるくらいだし・・・。

logo_6B2A5469

兎に角、みんな初めての体験のようでわいわいがやがや。19時出港なのに18時半集合、
その間はどうするの?とやや不満げながらも心ウキウキの様子。

logo_6B2A5501logo_6B2A5497logo_6B2A5522

レストランクルーズの先駆者は広島湾「瀬戸内海汽船」の「銀河」30年以上前からの運航、瀬戸内の島々を結ぶフェリーは実利性を追求していて不格好だが、レストランクルーズ船「銀河」は優美な船型で静穏な瀬戸の海を滑るように走る。「銀河」から見るライトアップされた世界遺産「厳島神社」に人々は魅了される。レストランクルーズはその後、東京湾レインボーブリッジ下でも運航されて人気が高い。「船で食事」のコンサバ版は屋形船だろう。これもまた風情あるお遊びだ。桜花爛漫の4月、隅田川に屋形船を浮かべて、江戸前食材の天ぷらと長堤三里の花見は江戸の華、これまた見事だった。

話を博多湾に戻そう。レストランクルーズ船の名前は「マリエラ」40m、520トン、速度11ノット(時速20㎞程度)、内装もなかなか豪華で、めったなことでは揺れない構造の双胴船。

DSC_0033

19時丁度に出港。乾杯の後はビュッフェスタイルの食事、みんな一斉に料理テーブルへ向かい、人気の高い料理は瞬く間に鍋の底が見えてきた。

DSC_0035

logo_6B2A5537logo_6B2A5538logo_6B2A5591

お腹(おなか)が少し落ち着いたところで、次は「夕陽」の出番だった。事前に日没時刻と日没方位を調べていたので、マリエラ号船長に夕陽が綺麗に見ることができる志賀島方面のポイントに向かうよう依頼していた。これがものの見事に当たった。真っ赤な太陽が水平線を目指していく。みんな夕陽が見える方向に群がってスマホをかざして「カシャカシャ」と嬉しそうだった。

logo_6B2A5570_2logo_6B2A5579

こんなときは誰も「地球の自転により太陽が海に沈む」なんて無粋なことは考えない。グラス片手に博多湾の夕陽を眺めて、加山雄三の歌を口ずさみながら幸せを感じている。こんな情景では時の流れは緩やかになってほしいものだが、そうはいかない。「夕陽」の出番は終わって、次は「夜景」の 出番がやってきた。博多湾の海から見る夜景、150万都市福博のビル街の明かりを借景にマリノアシティの観覧車、海にせり出したマリゾンのレストラン、ヤフオクドーム、福岡タワー、これらがズームアップして見えてくる。これまた素晴らしい。遣唐使がタイムマシーンに乗って博多湾に帰ってきたら、この光景を見てどのような和歌をしたためただろうか?

logo_6B2A5606_2logo_6B2A5650_2

出航の時に見た博多ポートタワーの明かりが大きくなってきて帰港。こうやって過ごした2時間の船旅、「胃袋満足」「夕陽満足」「夜景満足」で、みんな「来年も是非来よう」を口々に下船となった。

ゴールデンウィークの休みを利用して瀬戸の舟旅。
しまなみ海道をちょこっと巡りましたので舟旅の楽しさをお伝えします。

まずは「尾道」、古くからの観光名所で、私は4回目の訪問。
広島を3日朝7時半に出て、7時間余り、波はない、風が弱いが天候は良く、まずは快適な舟旅。
同行の相棒O氏は中高の同級生、その後は防大に進み海上自衛隊に入ったが、船乗りにはならずに飛行機乗りになった。海自で飛行機?と思うがP3C哨戒機や水上飛行艇は海上自衛隊の所属だ。
尾道では友人のY氏が直径40cm位のお皿にカワハギのお造りを近くの料理店で作ってもらい差し入れしてくれた。ポン酢でいただく新鮮なカワハギは美味しかった!!
私は博多湾に入港してくる海外艇のお世話をしていて、親しいフランス艇が6年前に尾道に入港したときにこのY氏にさんざん面倒をかけ、その思い出話に花が咲いた。
翌日はJRとバスを乗り継ぎ瀬戸内の名勝「鞆の浦」へ。坂本龍馬のいろは丸事件でも有名な港町。古くからの街並みを見物、「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれている趣ある町だった。尾道への帰路は観光クルーズ船、海にせり出した「阿伏兎観音」、日本有数の造船会社「常石造船」のドックを海から眺めた。大型船建造のドックは満杯、韓国の造船不況とは別世界・・・。尾道大橋はしまなみ海道の起点となる橋、この橋をくぐって尾道に到着。
尾道についたら昼食時間、どこのラーメン屋も長蛇の列。ここにも中国や韓国からの観光客が多いのには驚いた。尾道ラーメンはこんなにも有名なのだ。Y氏への土産に長浜とんこつラーメンを避けて正解だった。
尾道を出港し、3時間の海路を大三島東岸の井口港に向かう。自称「瀬戸内海観光大使」として、私はここで大三島の紹介をしようと思う。「大三島」は「おおみしま」と読む。ここに大山祇(おおやまづみ)神社というたいそう由緒ある神社がある。鳥居に掲額している神社名に付けられた肩書が凄いのだ。「日本総鎮守 大山祇神社」、村の守り神は「村の鎮守さま」だが、ここは日本全体の守り神という訳だ。しかもその掲額の文字を揮毫した人も凄い。平安中期の書の大家を三蹟いうが、その一人の藤原佐理が「日本総鎮守 大山祇神社」と書いているから、この神社はただものではない。

image20 image1
大山祇神社 源義経奉納の鎧

 

従って大山祇神社には山本五十六連合艦隊司令長官や歴代の海自の幕僚長、呉総監部のトップになった人が参詣する。もっと驚くことがある。日本の国宝・重要文化財に指定されている武具甲冑の大半がこの神社の宝物殿に収納されているのだ。多くの武将が必勝祈願で甲冑を奉納する。源義経の奉納の鎧、源頼朝の奉納の鎧、も収納されている。弁慶の薙刀だってある。この大山祇神社は大三島西岸にあり、過去3度も参詣しているので、東岸の井口港に係留したこともあり、今回はパスした。さて話を井口港もどそう。
ここは初めての訪問だ。この港からしまなみ海道でも有名な橋、多々羅大橋が見える。
ケーブルを斜めに張っている斜張橋という形の美しい橋だ。本当に美しい。完成当時はこの形の橋では世界最長だったらしい。
港から歩いて近くの公営スポーツセンターにある温泉に向かった。徒歩10分の距離だが、この日はGW中で道路は大渋滞、スピードでは完全に「歩き」が「車」に勝っていた。大きな湯船からは美しい多々羅大橋がよく見え、「満足、満足!」
image3
多々羅大橋
image4
斜張橋の構造

翌日5日は30分の距離にある生口島(いくちじま)に向かう。行政区分では瀬戸田町(平成大合併で尾道市)、レモンの産地としても有名だ。
目的は平山郁夫美術館、3回目の訪問。今回は同行のO氏が以前の職場での先輩だという館長に案内していただいた。平山郁夫さんは仏教伝来にまつわる絵画をよく描かれている。従って、シルクロードの各地で絵画の制作にあたるわけだが、ホテルもない、逆にリスクが多い現地にどうやって長期間滞在されていたのか長年の疑問だった。この疑問を案内していただいた館長にぶつけてみた。返ってきた答え、ホテル代わりのテント暮らし、リスク対応は中国軍の護衛、とのこと。世界的な価値ある絵画を制作する画家を守る中国を今回は評価できた。逆に、アフガニスタンのバーミヤンの石仏像がイスラム原理主義者によって破壊されたあとの石仏画。大切な文化財をいとも簡単に壊す、一神教の教義に対する怒りさえ覚えた。
最終日6日は、井口港を9時に出向、海の難所の一つ、鼻栗(はなぐり)の瀬戸を過ぎ、斎灘(いつきなだ)に入る。右手に見える大三島、大下島、岡村島、大崎上島、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島を次々と過ぎやり、「音戸の瀬戸」に入る。可航幅60mの狭水道で、なお且つ屈曲しているという海の難所中の難所。ここを広島松山航路の長さ55mのフェリーやスピード自慢の高速船が行き交い、更には両岸を結ぶ渡船が航路を直角に横切る。「瀬戸内海銀座」と呼ばれる由縁だ。
こちらは他の船の動向に十分に注意を払いながら音戸の瀬戸に舟を進めていく。
折しも時は5月初旬、この音戸の瀬戸を見晴らす丘の上には音戸公園がありツツジの名所でもある。船上から見上げてツツジをゆっくりと鑑賞する暇はない、ちらとその方向に目をやり綺麗な光景をイメージするのが精一杯だった。それでも嬉しいことに、音戸南口の航路ブイの近くでは3頭のイルカがわが舟の周りに遊びにきて、心を和ませてくれた。

image5 image6
音戸の瀬戸を行くフェリーと音戸大橋 ツツジが美しい音戸公園と音戸大橋

 

お昼ご飯はいつも船上、貴重な水を無駄に使用しないよう無洗米を使用する。出港前仕込んでおいて、頃合いを見て炊飯器の電源を入れ、炊き込みパエリアを炊く。お湯をさっと沸かしてカップヌードルに注ぐ。船上の食事は一飯一汁で済ませることが多いが潮風が調味料となり、美味しくいただける。もちろん舟を走らせながらこれをいただく。
海自母港の呉港、潜水艦や護衛艦の姿を右手に見ながらわがホームポート、広島に舳(へさき)を向ける。
いつも至福のうみ旅を提供してくれる愛艇はHAPPY TIME Ⅲ、船齢30年・長さ9mの古く小さなセールボートだが、今回もまた幸せな時間を過ごすことができた。

 

次回はTakedaさんです。

 

 

たこ焼きとビール

| 未分類 |

みなさん はじめましてfukunoです。

kitagawaさんからご指名を受けて数ヶ月…。

放置しておりました。申し訳ありませんm(_ _)m

初ブログを何にしようか迷っておりましたが、僕が毎週通っているたこ焼き屋さんを紹介したいと思います。

その名もなんと!『たこやき亭』!!

DSC_0082_12

そのままですね…。

メニューも豊富です。

DSC_00682

ドリンクメニューも豊富です。

DSC_0070_22

写真を撮り忘れましたが、たくさんの焼酎が陳列されています。

僕が注文するのは、もちろんビール!!

やっぱり「昼酒」は最高ですねー

DSC_0067_22

そして、たこ焼きしょうゆ味!!

DSC_0071_22

昔懐かしい感じの飽きのこない味となっています。

もちろんビールも進みます(笑)

2杯目~

DSC_0075_12

3杯目~

DSC_0077_22

ごちそうさま&4杯目~

DSC_0081_12

これでなんと!1,870円!安い!!

お腹もいっぱいになり帰宅、そしてお昼寝…。これが僕の優雅な休日の過ごし方です(笑)

良い子のみんなはマネしちゃダメだぞ~!

 

次回は初登場のsakaeさんです。

 

 

 

いつもお世話になっております。Kitagawaです。

瞬く間に今年もあと残すところ、1ヶ月あまり…。街はクリスマスシーズン、一色。どこにいってもキレイなイルミネーションが目をひきます。という訳で、福岡の身近なイルミネーションをご紹介します。

まずは福岡タワーから♪

p1000400 p1000405

遠くから眺めるとこんな感じです。タワーの三角錐の形状が浮かびあがります。木々を彩るブルーのライトが幻想的です。

p1000414

タワーの真下までいくと、また違った印象が…。

p1000428

ぐるりと回って、タワーを裏面から見ると、まるでリボンのような印象に。またひと味違った表情が。

p1000423

タワーの周りにぐるりと立ち並ぶ高層ビルを背景にすると、温かなオレンジの灯りと相まって、昼間とは全く違った街並に…。

♪キャナルシティ♪

p1000434 p1000439

ところ変わって、こちらはキャナルシティのクリスマスイルミネーションです。無数の光が滝のようで、キレイですね。見上げると、緑のなかにキラキラと、流れるような美しさ。樹木に巡らされた灯りが、華やかですね。

この季節、戸外の寒さは増すばかりですが、寒さの中でこそ、こんなイルミネーションがより映えてみえるのかもしれませんね。イルミネーションの華やかさに、ほんのひとときでも冬の寒さを忘れてしまいます。

それでは、次回はFukunoさんです♩

こんにちは、kawadaです。
秋ですね。
秋といえば、フルーツ狩りということで
梨狩りに行ってきました。

福岡でフルーツ狩りが有名なところはいくつかありますが、
今回は、「うきは」に行ってきました。

天気も暑くもなく寒くもなく丁度よい感じでした。

さっそく梨狩りをと思ったんですが、
嫁さんに「ぶどう狩り」に連行されました…。
(私は梨だけ良いのですが…と言わないのが夫婦円満の秘訣だと思ってます。)

ぶどうもたくさんなっています。

logo_dsc_0023

嫁さん頑張って狩ってください。

 

さあ、いよいよ梨狩りです。

logo_dsc_0024

梨も沢山なっています。

 

logo_dsc_0028

大きい梨発見!!

さっそく収穫です。

この調子でどんどん収穫していきましょう。^^

なぜだか良くわかりませんが、
フルーツ狩りはテンション上がりますよね。

 

logo_dsc_0030

取りすぎました…。

みなさんも取り過ぎには注意してください。^^;

次回は、kitagawaさんです。

太宰府天満宮

| 未分類 |

こんにちは(^^)/                                                             Nagasakoです。

菖蒲の花が盛りとのことで、6月初旬に大宰府天満宮に参拝しました。                               女性4人で…。

菖蒲rあじさい1r

タイミングよく、菖蒲は満開、アジサイも鮮やかでした♪

大宰府天満宮は見どころ満載ですが、                                             今回は何度来てもいいな~と思うところを、紹介させていただく事にしました(^^;)

1つ目は、クスノキ♥です。

クスノキr

たくさんの長老級のオオグスに、出会えます♪                                        いずれのオオグスも、緑豊かにどっしりと大地に根をおろし、                                 何度見てもほれぼれします。                                                 (境内には100本ほどのクスノキがあって、                                           一番大きいクスノキは、樹齢 1000~1500年、樹高39m、幹回り12m、根回り20mとのこと。)

 

2つ目は、狛犬・麒麟・牛達♥です。

あうん像rキリン うそr

ウシ1rウシ2r

ウシ3r

いずれも、豊かで愛らしいお姿ですね。

今回は、鹿を発見しました☆

鹿2r

ちなみに、「使いの牛」は、インターネットで調べてみたところ、                                11頭+幻の1頭で12頭いるらしいとのこと。

次は、すべての牛を探しに、大宰府天満宮に行きたいな~と思いました。

 

それでは、蒸し暑い日々が続きますが、どうかお身体にはご留意くださいm(__)m

次の担当はkawadaです(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、お久しぶりです(*^^*)

Sakudaです。

 

ブログ投稿が長く滞っており、

心待ちにしてくださっていた方々・・・(いらっしゃるのかな?笑)すみませんでした(>_<)

 

今日は少し前の話題になりますが、GWにKiharaと有田•波佐見の陶器市に行ってきましたので、

その様子をご報告しますね(*^^*)♬

 

ちなみに、九州ではGWの定番イベントです♬

朝から渋滞に巻き込まれ4時間ほどかかりましたが(通常2時間くらい)到着!

 

〈波佐見編〉

 

はさみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、白山陶器というメーカーのB級品市にいきました!!

 

波佐見は有田ほど、イベントの規模自体は大きくないですが、

恐らく、ここを目当てに波佐見にくる人も多いと思います。

 

お店に入るのに、この行列∑(゚Д゚)

行れつ

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに30分待ちでした。

 

ここはだいたい40%OFFとかなので、とってもお得です◎

お好きな方はぜひ行ってみてください☆

 

 

〈有田編〉

 

 

有田

 

 

 

 

 

 

 

上有田駅から有田駅までの道路一帯が、陶器市会場です。

メインの陶器市の様子はこんな感じです!

 

まち2

 

 

 

 

 

 

出店しているお店は、有田焼の有名メーカーから作家ものまで、多種多様!

 

かいもの

 

 

 

 

 

 

窯元ごとに異なる特徴を見比べるだけでも、たのしかったです♬

 

 

ちなみに、わたしは両親用にお茶碗を買いました!

サイズ違いのお茶碗は夫婦茶碗というのだそうです。

茶碗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安くしていただき、とってもラッキーでした(^○^)

 

 

〈番外編〉

 

ちなみに上有田駅周辺は、路地裏の雰囲気が素敵でしたので、しばし散策を楽しみました♪

上有田1

 

 

 

 

 

 

 

上有田2

 

 

 

 

 

 

 

ノスタルジック(´-`).。oO

 

 

ふくろう1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神社の境内の入り口に、ふくろうがたくさんいました。

 

カフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有田焼模様のオシャレな紙コップでコーヒーを提供してくれるカフェもありました☕️

 

 

お天気にも恵まれ、充実の一日でした♪

きはら

 

 

 

 

 

 

 

最後に歩くKihara氏。なんだかいい写真!

 

 

お読みいただきありがとうございました!

次はNagasakoです

みなさんこんにちは。kiharaでございます。

ブログを長い事放置してすみません。

あっという間に春の兆しが感じられる季節になりましたね。

 

さてさて、今回は大阪のとある温泉に行ってまいりました。

関空からの南海電車に帝国軍の兵士発見!!!(わからない方すみません)

201602251342000

南海電車 貝塚駅から 水間鉄道にのりつぎ・・・水間駅はこんなにかわいい駅です。

201602251433000 →写真下手!の突っ込みはご遠慮下さい。ガラケーなんです(^^;

で、到着したのが奥水間温泉です。

http://www.okumizuma.jp/

201602251511001

山々に囲まれた自然豊かなロケーションです。

秋は紅葉がキレイなんだろうなー。

 

内湯はこんな感じで、内湯からも

きれいな山の景色を楽しむ事ができます。

201602251521000

201602251552000

こちらは露天です。

美しい山の景色と鳥の鳴き声も聞こえ、目と耳からも癒してくれます。

(共に無人の時に撮影しました)

お湯は少しとろみがあって、

鉄のような味(飲泉あり)です。

お肌をこするとキュキュっとなるような感触でした。

温度は熱い別府と比べると、少しぬるめ。入りやすい温度でした。

とても気持ちよかったです。

 

ちなみに、近くには水間観音という立派なお寺があります。

201602251441000

温泉にお越しの際は是非お立ち寄りください。というか、こっちがメインかもしれません(^^;

(温泉の掲載は施設の方の許可を頂きました)

 

ご覧頂きありがとうございました。

次はsakudaが更新します。

 

kihara

 

 

 

 

 

 

すっかり秋も深まり、今年も残すところ、あと2ヶ月弱となりました。

いつもお世話になっております。Kitagawaです。

今回、福岡タワーへ行ってきました。

観光に行けば、“タワーにのぼる”ということはありますが、

地元だとかえって訪れる機会がなく、今回が初めてです。

P1000280 P1000294

遠くから見てもタワーの外観自体、なかなかきれいですが、まさに海のそばにありますから、

海がきっと見渡せるはず。そんな予想をしながら、たどり着きました。

P1000295

福岡タワーは、全長234m。正三角柱で、8000枚のハーフミラーを使っているそうです。

ハーフミラーゆえ、中からは見えますが、外からはまるでガラスのように見えるとのこと。

まさに、そうですね。

チケットを買って、エレベーター前まで来ますと思わず上を見上げてしまいます。

なんと地上108mまで吹き抜けになっているそうです。壮観…。

P1000282

あっという間に5Fの展望室へ。

360度、見渡すことができ、予想通り♩

天気が良かったので、海の中道まで見ることができました。

PB150175 PB150213

こんなサインも。この先に世界が…。

P1000289

こうして見ると、ホントに海のすぐそばに、街があるんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福岡の街が一望できて、普段歩いている街とは、なんだか違う街に見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっぱり観光客のかたがたくさん。国際色豊かでした。

昼間もきれいでしたが、夜はこんな感じ。

P1000278

季節によりイルミネーションもいろいろ設定されているとのことで

これからはクリスマスツリーのイルミネーションが楽しみですね。

それでは、次回はKiharaさんです♩

こんにちはkawadaです。

シルバーウィークを利用して宗像に行ってきました。

(と言っても、かなり近場なのですが^^;)

まず、宗像といえば宗像大社です。

(宗像大社について詳しく知りたい方はWikipediaを御覧ください^^;)

       logo_IMG001

500円で「れあみくじ」をやってました。

さすがシルバーウィークです。

logo_IMG002

 

となれば、今回のお願い事はただひとつ。

「dyson掃除機が当たりますように」 (-人-)

自分のとこのくじ引きの結果を操作するくらい神様も楽勝でしょう。

これで特々等は、頂きです。^^v

 

logo_IMG003

20等でした・・・。

気を取り直して次の目的地に移動します。^^;

 

次の目的地は、嫁さんお勧めのアイス屋です。

logo_IMG004

logo_IMG005

やはり人気店らしく、結構お客さんがいました。

アイス美味しゅうございました。

(食レポは苦手なので、さらっと流します。でも本当に美味しかったです)

 

さて、最後は、最近評判の「道の駅 むなかた」です。

logo_IMG006

ここは、魚介類の直売が有名らしく、開店前から並ぶ方も大勢いるみたいです。

着いたのは、1時前ですが、残ってるでしょうか?

logo_IMG007

はい、見事にありませんでした(゜o゜)

 

logo_IMG008

生き残りのイカ発見

無くなる前にGETしておきます^ー^

さしみとげそ天、美味しゅうございました。

(食レポは苦手なので、以下略)

 

そんな感じで全然伝わってないと思いますが、

皆様も色々美味しい宗像にいらしてはいかがでしょうか?^ー^

 

次回は、kitagawaさんです。