ISO45001:2018の発行について

労働安全衛生の初の国際規格ISO 45001:2018が、先月の3月12日に発行されました。

国内では、以前から労働安全衛生マネジメントシステムの必要性が認識され、OHSAS 18001や建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)や、中央労働災害防止協会などの業界団体が定めるガイドライン(OHSMS)が存在していました。ISO 45001:2018が発行され、各団体で注目されています。

ISO45001:2018は、従業員や他の人々のために安全で健康的な職場を提供し、労働に関連する負傷や病気を防止するとともに、労働・安全・衛生に対するパフォーマンスを向上させることを目的としています。労働災害はビジネスで最も重要なリスクの一つです。ISO45001:2018は、良好な職場環境の構築や従業員の満足度やモチベーション向上、社会的信頼の獲得などの高い効果があります。

すでにISO9001や14001の2015年度版での認証を取得している組織は、下記のように同じ規格構成となっていますので、比較的容易に構築することができます。

1適用範囲
2引用規格
3用語及び定義
4組織の状況
5リーダーシップ及び働く人の参加
6計画
7支援
8運用
9パフォーマンス評価
10改善
     (※2017年11月30日発行FDISに基づく)


ISO 45001の発行およびOHSAS 18001の取り扱いについて

OHSAS 18001の認証は、2021年3月で失効します。 当社では、ISO45001:2018の認証審査やISO9001:2015及びIS14001:2015との統合審査に向けて準備を進めています。

また、ISO45001:2018の理解と構築に役立つトレーニングや情報提供を行ってまいりますので、よろしくお願い致します。